局所麻酔の薬

pink on the leaf and in vials

薬というものは本来、医療の現場で利用されているものである。Priloxという早漏防止の塗り薬もまた医療の現場で利用されており、特に外科の領分ではなくてはならない薬となっている。Priloxの有効成分となっているリドカインとは、そもそも皮膚上に現れる痛みやかゆみをカットするための局所麻酔薬の成分となっているのである。Priloxと同じ成分が使われている麻酔薬が、病院には必ずある、といっていい。歯科医院で良く利用されている薬でもある。Priloxの有効成分リドカインは、歯科医院では「表面麻酔」のために使う薬の有効成分となっている。この有効成分の働きこそが、早漏をバッチリ防止する働きを生み出すものである。
医療の現場でも使われている薬ということで、Priloxは安心して使うことができるものである、といえるだろう。
ペニスを一時的に麻痺させて快感をあまり感じないようにする、それによって早漏を防止する…という話を聞くと、人によっては不安に感じることもあるだろう。
それってペニスにとってよくないことになるのではないか?と。
しかし、Priloxの有効成分であるリドカインは病院という医療の最前線でも用いられているものなのである。もちろん使い方についてはしっかり押さえておく必要があるし、「塗りすぎ注意!」などの注意点もある。しかし、この薬を使ったからと言って良くないことが起きるわけではないのである。安心して購入、そして利用をしてもらいたい、と思う。